脱毛器 生理中

生理中や妊娠中というのは女性ホルモンのバランスが通常時に比べると乱れる時期でもありそのためお肌も敏感になり脱毛にも少なからず影響してくるのも事実です。処理中に普段では感じない痛みを感じたり普段どおりに脱毛処理を施しても脱毛効果が得られないということも少なくありません。特に妊娠中の施術は強い希望があっても医療機関、エステサロンでは断られるケースがほとんどです。ですが脱毛プランを立ていざ脱毛を開始した直後に妊娠してしまったという場合もあります。その場合は一時的に休止期間を取って産後に脱毛を開始するのが通常です。一方生理中は施術ができないところもあれば生理が終了してから3日経過してから施術OKと様々です。生理中も妊娠中と同じ理由でホルモンのバランスが崩れてしまうからです。中には生理中なのに生理じゃないですと嘘をついて施術してしまう人もいますが結果的に脱毛効果が得られず無駄に終わってしまいます。ホルモンバランスが崩れていると脱毛効果が得られにくいというのも理由の1つですがVIOラインの脱毛は特に生理中は衛生的な面で施術できないというところが大半を占めます。といいますか普通に考えて生理中はこういったデリケートゾーンの脱毛処理は避けるのが一般的に考えても常識かと思います。この場合悩んでしまうのは生理不順の人たちです。例えばエステサロンで1ヶ月後に予約を入れても生理不順のために当日生理になってしまうことがあります。こういった場合には予約を取り直すのが通常ですが不親切なエステサロンなどでは一回分の施術として扱われてキャンセル料を取られてしまうところも多いのが現状です。家庭用脱毛器が採用している脱毛の根本的な仕組みはエステサロンと同じなので家庭用脱毛器を使用しても生理中や妊娠中だとどうしても脱毛効果が半減してしまいます。ただエステサロンのように予約待ちをしたり予約を取り直したりする必要がないので生理が終わればいつでも脱毛を再開できるという大きなメリットがあります。生理不順でエステサロンに行くタイミングに悩まれている人やこれから妊娠予定のある人には自分のペースで脱毛が可能な家庭用脱毛器はオススメです。